​空ノウエ 店長 河根大伸



―今後どのような目標を描いていますか?

飲食業全体の社会的地位の向上です。どうしてもブラックのイメージが強く若い人材がつきたくない職業として常に上位にいます。その悪いイメージを払拭出来るように我々が先頭に立ち.飲食業の楽しさややりがいを発信していけるように頑張りたいと思っています。

 

―今の仕事でやりがいを強く感じるのはどのような瞬間ですか?

もちろんお客様に美味しいやいいお店ですね、と言われる事も嬉しいのですが、、それ以上にやり甲斐を感じるのはお客様がお店で楽しい時間を過ごしていらっしゃるのを見る瞬間です。お1人でご来店される常連様も多くその方たちがお店で仲良くなりお酒を酌み交わす。そんな一期一会をカウンターから見る瞬間は本当に幸せな仕事だな、と感じます。

―店長として心がけている事はありますか?

アルバイトさんが仕事をしやすい環境づくりですかね。お客様に一番近いところにいるホールスタッフが生き生きと働けるようなお店の雰囲気を維持出来るように心がけています。その反面空気がダラっとしないように締めるところは締める、そのバランスが永遠の課題でもあります。

ー店長の仕事で1番大変な事はなんですか?

大変とはまた違いますがアルバイト、社員さんのとコミュニケーションはいつも難しさを感じています。忙しい営業の中で指示や注意でしか会話をしない状況もあり、それだけではいい関係性が築けません。お店の方を向いてもらえるように少しの空いた時間でちょっとした会話をしたり、賄いのタイミングで話しかけたりとコソコソ動いています笑

ー店長職のやりがいとはなんですか?

満月に入って10年、店長になって7.8年ですがやはり売上などの目標に対して達成した時の喜びは何者にも変えられません。もちろん日々の売上に対しても同じです。その成果をアルバイトさん、社員さんと一喜一憂出来る瞬間は癖になります。


 

1/1
IMG_2359.JPG

―今後の満月はどうなっていくと思いますか?どうしていきたいですか?

もちろん更なるお客様のご来店と常連様の獲得で売上はアップしていくと確信しています。それに比例して待遇面でも給料、賞与のアップから充実した休みを社員に与えていける会社にしていきたいです。

―正直転職って考えたことありますか?

2019年の春にプライベートの部分で大きな出来事がありまして、、そこで本気で転職を考えました。通勤に1.5時間かかるのでもっと家に近いところでの職探しもしましたが家族の応援と、そして現実的に収入面での安定を考えて満月に残る事に決めました。


―満月は社歴の長い社員、アルバイトが多いですが、その要因は何だと思いますか?

 

何よりも満月を愛してくれているお客様、スタッフ、OBに囲まれているからじゃないでしょうか。僕を筆頭に短期間のつもりが居心地が良すぎてついつい長居してしまうスタッフが実際に相当いたりします笑

―休みは取れていますか?
また、お休みの日の過ごし方を教えてください。

十二分に取らせて頂いてます。
休みの日は家で過ごす事が多いです。引き出しを広げる為に月に一度は外食をして色々なものを見て食べて勉強するように心がけています。

―満月ならではのやり甲斐や魅力を教えてください。

やり甲斐の部分に関して言えば、売上目標に対してのボーナスやコース料理が採用された際のボーナスなど目に見える形で還元してくださるのは嬉しい制度です。コース料理はもともとボーナスは無かったのですが設定されてからはみんなのやる気が格段に上がったのは面白かったですね 笑。もちろん年一回の決算賞与も大きな魅了の1つです。飲食業に携わってこんなにしっかりした賞与を頂いたのは満月が初めてです。
それ以外にも接待で使ってくださる大手企業のお客様が多く、アルバイトスタッフの就職に繋がるきっかけがあったりするのは大きな魅力の一つだと感じています。


 

20120721_233623%5B2%5D_edited.jpg

―どのような方に入社してほしいですか、どのような方と一緒に働きたいですか?

何よりもポジティブな方だと嬉しいですね。やっぱり現実は厳しいもので毎日忙しかったりと苦労する事も沢山ありますから。それでも毎日前向きに頑張ってくれる子がいたらこんな嬉しい事はありません。

―今の会社の課題は何だと考えていますか?ま 今後の会社をこうしていきたい!という展望を教えてください

1番の目標は社員の定着率のアップです。将来的には充実したシフトで心と時間にゆとりを持てる職場を目指しています。もちろん家庭のあるスタッフもいますので家族にも優しい環境がベストです。飲食店は万年人手不足なのでそんな環境が作れたら最高ですね。

 

DSC00974.JPG
1/1