空本店 店長 

伊藤淳



―なぜ満月に入社を決めましたか?

学生時代に空でのアルバイト経験が大きなきっかけです。正直、自分自身、将来飲食店で働きたいとか料理人になりたいという考えはありませんでした。実際、当時は建築の学校に行っていましたし、就職もしました。
恥ずかしながら長くは続かず、出戻りという形で空に戻りました。なぜ空に戻る選択をしたかというと、簡単に言ってしまえば僕の居場所だったのかもしれません。
当時はアルバイトでしたが全くの未経験でのスタートだったので先輩スタッフから手取り足取り教えてもらいながら、接客や料理、お酒の知識を学びました。失敗も多く、叱られる事も多々ありましたが、当時一緒に働いていたスタッフがすごくかっこ良く見えて、今思えば憧れがあったのかもしれません。

―店長として心がけている事はありますか?

 

いつも前向きでいることだと思います。
今まで自分自身沢山の失敗も経験してきましたし、いろんな経験をしたからこそ、今の自信にもつながっていると思います。
社員育成、アルバイト育成に関しても、僕自身がアルバイトからのスタートだった分、自分の経験も踏まえつつ、同じ目線で一緒に物事を考えるように心がけています。

―店長の仕事で1番大変な事はなんですか?

 

正直、大変とはあまり思っていなく、社員や信頼できるスタッフがいてくれるので安心して仕事を任す事ができたり、月1回アルバイトさんを含めたミーティング場を設け、スタッフとの意見交換をしながら問題点や改善点を把握し店舗管理に努めています。
スタッフとのコミュニケーションはこれからも大事にしていきたいと思います。
 

1/1

―店長職のやりがいとはなんですか?

 

これから社会に出る学生スタッフにとって
「学びの場」でありたいと思っています。
飲食店を通して、お客様と接する中での喜びや感動、自ら学ぶ姿勢、責任感、仲間の大切さなど、飲食店には学べることが沢山あります。
そして1つのチームとして日々の営業に臨みます。
共に学び、助け合い、共に喜び、感動し毎日笑える、そんなチームを作っていきたいです。

―今後の目標を教えてください

 

空に来て下さったお客様1人1人、ご満足して帰って頂く事を目標にしています。
飲食店はバランスが大事です。接客、料理、空間どれもひとつ欠けてしまうと一気に崩れます。空が大事にしている部分を守りながら小さな事に目を向けて、よりお客様に満足していただけるように努力していきます。
そしてスタッフ全員でお客様の笑顔を勝ち取ります!

―1番の壁は何でしたか?またどうやって乗り越えましたか?

 

僕が入社当時、営業前の朝礼で掛け声訓練というのがありました。「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」などを元気よく発声する訓練ですが、当時の店長が必ず最後に「やればできる!」と発声するので毎日僕らも「やればできる!」を繰り返し叫んでいました笑。そのおかげで出来なかったことに対して一つ一つ探究心を持って考えるようになり、何事も「やればできる精神」で挑戦するように心がけています。

 

DSCN1193 - コピー.JPG

―お子さんができて変わった事はありますか?また、家族と過ごす時間はとれていますか?

 

帰るのが楽しみになりました。と言っても夜遅いので寝てますが笑
少しずつ子供の成長を感じるのはすごく嬉しく思います。
休日は出かける事が増え、昼はしっかり遊んで、夜は家族でテレビ見ながらご飯を食べるのも楽しみの一つです。
平日はなかなか時間が取れない分、休みの日はなるべく家族の時間を大切にしています。

ー満月は社歴の長い社員、アルバイトが多いですが、その要因は何だと思いますか?

 

要因かはわかりませんが、みんな満月で働く事でやりがいや楽しさを見つけたのかもしれません。
僕の場合は、アルバイトからのスタートで飲食店も初めてで、ホール業務も初めてでした。社員になりキッチンに立つ事になり、これも初めてで、何もかもが1からここで全て学ばせてもらいました。
日々お客様と接する中で、お客様の喜びや感動が自分にとっても同じように喜びや感動に感じるようになりました。長く働いている分、それがだんだんと生きがいに変わってきたと思います。
なかなか一言では言いにくいですが、長く働いてくれている社員やアルバイトさんは飲食店を通して生きがいに感じてくれているんだと思います。

 

―休みは取れていますか?
また、お休みの日の過ごし方を教えてください。

 

月曜日の休みが増えた事で、家族と過ごす時間も増え、最近では趣味で陶芸教室にも通うようになりました。
まだまだ素人レベルですが、実際に作った器に料理を盛り付ける瞬間は本当に感動です!
今は自分が作った大皿をカウンターに並べさせてもらっています。
いつかカウンターにズラーっと並べる事を目標に頑張っています!
弊社は年に2度、大型連休があります。普段なかなか行けない家族旅行もこういった大型連休のおかげで、行けるようになりました。ここ数年は毎年、石垣島に家族で行っています。家族の一大イベントなので毎年の楽しみの一つです。
ゆっくり家族と楽しい思い出を作れるのも本当にありがたい限りです。来年もまた行きます!

 

―満月ならではのやり甲斐や魅力を教えてください。

 

お客様からの「美味しかった!」「また来るね」と声をかけて頂く時は僕自身やってて良かったと思える瞬間です。
満月では料理ミーティングという時間があり、社員全員で新メニューの考案やコース料理の試作や試食する会を毎月設けています。
自分の考案した料理が採用されると特別手当が頂けるので、こういった手当もありがたいです。
1品を仕上げる為に、食材選び、調理方法、器選び、盛り付けまで自分で考える事で自己成長に繋がると思います。

―どのような方に入社してほしいですか、どのような方と一緒に働きたいですか?

 

経験者、未経験者関係なく、飲食店で働いてみたい!料理を学びたい!接客を学びたい!
その気持ちがあれば十分です。
飲食店に沢山の学びがあります。
僕も同様に満月で1から学び、いろんな事を経験させて頂き今があります。僕も最初は未経験スタートだったので先輩スタッフから手取り足取り指導してもらいました。ミスも沢山しましたし、その分喜びや感動も沢山あります。
技術や知識は後から追いついてくると思います。
飲食店は夢を持った人が多くいるので是非、熱く語り合いたいですね!

―今の会社の課題は何だと考えていますか?また今後の会社をこうしていきたい!という展望を教えてください

ここ数年で少しずつ女性社員も増えてきました。
今まで、特に和食のお店なんかは厳しいくて、長時間労働で…というイメージが強く、女性には避けられることが多かったと思います。
でも実際、満月では女性社員も毎日キッチンに立ち活躍してくれています。
これも満月の魅力の一つだと思います。
けっして楽な仕事ではないですが、そんな中でもやりがいや楽しさも感じてくれていると思います。
これからも飲食店で働く事に魅力を感じられるよう、柔軟な雇用制度も必要になってくるかと思います。
僕自身、スタッフが働きやすい店舗環境を作る事を課題として取り組んでいきたいと思います。

 

1/1